Th06/Marisa's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:Bulgarian 100% • ‎German 95% • ‎English 94% • ‎Spanish 100% • ‎French 100% • ‎Italian 100% • ‎Japanese 100% • ‎Malay 17% • ‎Portuguese 100% • ‎Brazilian Portuguese 100% • ‎Romanian 100% • ‎Russian 6% • ‎Serbian 97% • ‎Swedish 100% • ‎Turkish 100% • ‎Vietnamese 94% • ‎Simplified Chinese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg end10.end.jdiff


Good Ending No. 5 (Marisa-A)

8  幻想郷の夏。

  しばらくの間休息を取っていた太陽も久々に顔を出し、   全ての霧を根絶やしにした。

  窓の少ない紅魔館も惜しげも無く、明るみに出たのだった・・・

15 咲夜 「あー、忙しいし、暑いし、もー、      これだから、霧が出ていた方が良かったのに」

18 咲夜 「あ、そろそろおやつの時間ね      まぁ、時間止めてやってもいいんだけど」

22 ?? 「おやつまだぁ?」

25 咲夜 「はいはい、今すぐに参りますよ、お嬢様」

28 咲夜 「お待たせしました。」

31 魔理沙「ご苦労」

34 咲夜 「今日の紅茶はキャンディーの希少な物ですよ」

37 魔理沙「色が紅すぎて気持ち悪いぜ」

40 咲夜 「ちなみに、ケーキには希少品が入っています」

43 魔理沙「何入れたんだよ(^^;」

46 咲夜 「竹の花とか」

49 咲夜 「時間操れますから、竹の花とて60年に一回しか咲かない      ってーも、すぐに咲かすことが出来ますよ」

53 魔理沙「つーか、入ればうまくなるのか?」

56 咲夜 「希少品ですよ」

60レミリア「って、何であんたが普通に居るのよ      って、何、勝手に人のおやつ食べてんのよー」

64 魔理沙「人のおやつだぜ」

67 咲夜 「あ、レミリアお嬢様の分もありますよ」

70レミリア「今日のおやつは何?」

73 咲夜 「希少品です」

76レミリア「わーい、大好物ね」

79 魔理沙「あんまり、滅多なもの好物になるなよ(汗)」

82 魔理沙「・・・それにしても、暑い夏だな」

85レミリア「それみなさい、霧でも出してた方がマシだったのよ      それをあんたがやめろって言うから

89 魔理沙「・・・そういう気分の時もある」

92  夏色の幻想は、今日も平和に時を止めていた。

  再び時が動き出すことは、もう無いのかもしれない。

  

96  ENDING No.5

Gnome-colors-gtk-edit.svg end11.end.jdiff


Good Ending No. 6 (Marisa-B)

8  幻想郷の夏。

  しばらくの間休息を取っていた太陽も久々に顔を出し、   全ての霧を根絶やしにした。

  窓の少ない紅魔館も惜しげも無く、明るみに出たのだった・・・

15 魔理沙「・・・」

17 魔理沙「・・・・」

19 魔理沙「・・・うーん」

21 魔理沙「・・・多分、面白いぜ      エスペラント語なんで、読めない部分も多いけど」

25 ?? 「また、居た」

28 魔理沙「居ないぜ」

32 咲夜 「勝手に入り込んで本を読まない。      不法侵入よ」

36 魔理沙「いつも来てるんだから、そろそろ不味いお茶でも      出してくれてもいいんじゃないか?」

40 咲夜 「美味しいお茶しかありません。」

43 魔理沙「それに、本は読むためにあるんだぜ」

46 咲夜 「その本が読めるのか?」

49 ?? 「おーい、咲夜ー、どこー」

52 咲夜 「あ、お嬢様だわ      あんた、ちょっと隠れてて」

56 咲夜 「ここに居ますよー。お嬢様」

60レミリア「いたいた、ちゃんと掃除してる?」

63 咲夜 「ええ、そりゃもう」

66レミリア「私、ちょっと出かけるから、家のこと頼むね」

69 咲夜 「日傘を忘れずにお持ちくださいね。      外は日光があるわ」

73レミリア「大丈夫よ。生命にかかわるから」

76レミリア「それにしても、ねずみの匂いがするわ、この書斎」

79 咲夜 「大丈夫ですよ、確かに

     ねずみの腐ったような嫌な匂いがしますが、

     ねずみは腐っていません。」

84レミリア「まぁ、ちゃんと掃除しといてね、じゃ」

87 咲夜 「いってらっしゃいまし」

90 咲夜 「大丈夫です、ねずみは生きています」

93 魔理沙「わたしのことかい」

96  幻想の館は、変化を見せることは無かった。

  だが、夏の風だけが、何かを変えたがっていたようだった。

  

100  ENDING No.6

Gnome-colors-gtk-edit.svg end10b.end.jdiff


Bad Ending No. 2 (Reimu)

8  薄暗い、森の中   森はいつまでも明るさを取り戻すことは無かった

12魔理沙 「くそー、悔しいなぁ      あんな奴にしてやられるなんて私らしくないわ」

15魔理沙 「とか言って見るテスト」

18  薄暗い夏。陽射しの当たらない日はまだ続きそうである   

21  BAD ENDING No.2   ノーマル以上でノーコンティニュークリアを目指そう!

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]