Th095/Aya's mission comments

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:Czech 3% • ‎German 100% • ‎English 100% • ‎Spanish 100% • ‎Latin American Spanish 100% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Russian 99% • ‎Swedish 100% • ‎Thai 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg missions.js
Mission Comment
Special Comments
Mission locked

ここは風水的に行く気が起きないわ。 なんにも面白そうな事も無さそうだし。

No photos

この辺で面白い事が起こりそうね。

Low score

うーん。枚数は十分撮れたんだけど…… もうちょっと使えそうな写真が撮りたいわね。 この程度の写真じゃ面白い記事は書けないわ。

Low photos

何枚か撮れたは撮れたけどねぇ。 もう少し纏まった枚数の写真が無いと 記事が書けないわ。

Level 1
Scene 1

蟲の大群が撮れました! 珍しい写真です。 蟲が統制とれた動きをしているように見えるのは、 頭の構造が単純だからですよね。

Scene 2

暗闇に何か居ました。 何だか判らないのでストロボライトを焚いて撮影 しました……が、誰でしょうねぇ。

Scene 3

この時は大きな源氏蛍が沢山いましたね。 これだけ大きいと写真にも写りやすいです。 ちょっとはみ出す位……って大きすぎない?

Scene 4

夜は気をつけないといけないです。 何にもないと気を抜いて飛んでいたら 突然攻撃されました。これはその時の証拠写真。

Scene 5

蝶の大群です! あれ? 夜に出ているから蛾だったのかなぁ。 そうですね。蛾でいいや。蛾の大群の写真で。

Scene 6

妖怪が暗闇に紛れて襲ってくるのは、実は自分の力 に対する自信の無さの現れです。 撮るだけ無駄ですね。写真にも良く写らないし。

Level 2
Scene 1

湖の上で氷の妖精が暴れると、氷塊が飛び散って 迷惑という典型ですね。 この写真で記事が書けるかなぁ。

Scene 2

晴れているのに突然雪が降ってきました。 珍しい事もあるもんですね。 ネタが無いときの場繋ぎとして使えます。

Scene 3

湖の水しぶきが凍って、珍しい現象が撮れました。 これを応用すれば人工的に雪を降らせられるんじゃ 無いかしら? 今度そういう特集を組もうっと。

Scene 4

この時は突然冷え込みましたね。 何か事件の兆しかと思いましたが…… でも、写真だと寒さが伝わらないですねぇ。

Scene 5

前代未聞の冷たさを持つ氷塊でした。 外気に触れたとたん余りの温度差に破裂するくらい でしたが……写真だと判りにくいですねぇ。

Scene 6

実はこれまでの突然の寒波。 自然の物じゃなくて妖怪の仕業だったらしいん ですよ。これがその証拠写真。

Level 3
Scene 1

街の旅芸人に出くわしました。 人形を一体貰えないと訊こうかと思いましたが、 欲しくなかったので訊きませんでした。

Scene 2

ちょっと歴史の勉強に伺っただけですが、非常に 眩しかったです。 でも、このカメラは逆光に強いんです。

Scene 3

再び旅芸人です。なんて言うんでしょう、 ジャグリングって言うんですか? 手先が器用だとそれだけで得ですよね。

Scene 4

歴史と言っても、この人の言う歴史は、私達の 知っている歴史と異なる物のようです。 何か聞いたことのない歴史と言いますか……

Scene 5

人形が大量に襲ってきました。 旅芸人の新しい演出でしょうか? ちょっと吃驚したので成功だと思います。

Scene 6

自分は動かなくても、強力な力を発揮してくれる 従者がいるってのは良いなぁと思います。 自分は決め手の所だけひょいっと。

Scene 7

どうやら旅芸人ではなかったようです。 だとするとただの器用な人でしょうか? 芸人になることを勧めてみたいと思います。

Scene 8

外の文献に見慣れない文字が書いてあったので、 なんて読むのかこの人に訊いてみたんです。 ヤマトって読むらしいですよ。なるほど納得。

Level 4
Scene 1

う~ん、カメラの故障だったのかなぁ。 何か、この時って上手くピントが合わなくて 中々写真が撮れなかったのよねぇ。

Scene 2

空気が淀んで嫌な感じだったわ。 この辺は危険地帯だから足を踏み入れてみるのも また一興、って記事でも書こうかな。

Scene 3

もう、兎の逃げ足の速いこと速いこと。兎の生態 でも記事にしようと考えたのですけど、あちこち 飛び跳ねるもんだから狙いが定まらなくて……

Scene 4

どうも、たまにピントが合わなくなるみたい。 気持ち悪いわね。ファインダーを覗かなくても ずれて見えるけど……って?

Scene 5

と言うわけで、またちょっと踏み入れてみました。 私は淀んだ空気には強いのですよ。 風で吹き飛ばせますし。

Scene 6

どうやらカメラの故障じゃなくて何か変な力の所為 みたいです。これは記事のネタになる気がします! でも写真はピンぼけばかり……。

Scene 7

今日はまた一段と空気が淀んでいたわ。 私は良いけどカメラに良くなさそうだからね。 殆ど何も見えない写真ばっかを撮っても可哀想。

Scene 8

そう。これが二兎を追う者は一兎をも得ずって 事なのね。 沢山の兎の写真が撮れたけど。

Scene 9

よく見たら兎が居ましたね。 視界の異常に気を取られて気付きませんでした。 もしかして、この兎が元凶? まさか、ね。

Level 5
Scene 1

突然跳び蹴りですよ? もう、がさつな妖怪って嫌ですよね。 最速の私に当たるわけが無いじゃないの。

Scene 2

試験的な合成魔法が完成したという噂を聞いて 取材した時の写真。 無意味に力を打ち消しあっている感じで斬新でした。

Scene 3

縁起の良い写真が撮れました。 虹色の蓮の花です。どういう記事を書こうかしら? レンコンも虹色だった、とか付け足して……

Scene 4

これも試験中の合成魔法らしいです。 火なのに熱くないという斬新な魔法、って事で 良いのかしら?

Scene 5

また跳び蹴りですよ。 たまに居るのよね、こういう無粋な妖怪。 もう、有ること無いこと記事にしようかしら?

Scene 6

これも試験中の合成魔法らしいです。 ヒマワリって言うけどヒマワリっぽさは 無いんですが……。その辺が斬新なのかしら。

Scene 7

健康に良い体操があるらしい、って聞いたので 取材してみました。でも、本当に体に良いのか 信憑性が薄いのでお蔵入りかな?

Scene 8

これも試験中の合成魔法らしいです。 本人は眩しくないのかしら? チカチカしてファインダーを良く覘けません。

Level 6
Scene 1

突然猫にじゃれつかれました。迷惑です。 しゃくでしたので撮影してみました。 後で記事にしてしまおうかと思います。

Scene 2

瞬間的にですが……私も目が追えない程の速度 で移動していた気がします。 移動の瞬間を捉えたかったけど無理でした。

Scene 3

再び猫にじゃれつかれました。それも高速で。 でも速度が増した分、動きは規則的になりました。 規則的な動きをするって珍しい化猫ですね……。

Scene 4

超高速移動の瞬間を捉えました! 判ったことは、移動は短い距離で直線で、しかも 事前に準備が必要の様です。これならば安心。

Scene 5

ありゃびっくり。 飛び跳ねるだけかと思ったら奇妙な術も使えるよう です。ただの野良猫ではないみたいです。

Scene 6

驚きです。本当に意識を一点に集中すると、音も 聞こえなくなる物なんですね。 写真じゃ判りませんが。新聞でも判らないかも。

Scene 7

ただの化猫でした。 速度で私に勝とうとすることは無駄です。 ファインダーを覗いてない限り私は最速ですよ。

Scene 8

一瞬とはいえ、あれだけの速度で斬られるのは 恐ろしいです。 だって、ブレちゃうでしょ? 写真。

Level 7
Scene 1

手品を見せて頂ける雰囲気だ、という噂を聞いて 紅魔館まで行った時の写真です。 でもこの位なら私でも出来そうでした。

Scene 2

蝙蝠の大群が悪夢を見せるか、というテーマで 取材を行ったときの写真です。 悪夢の正体は吸血鬼でしたね。な~んだ。

Scene 3

前回のはまだ手品では無かったようです。 今回見せてもらえたのは「増えるナイフ」 ナイフより瞬間移動するメイドが気になります。

Scene 4

血の付いたナイフが血を垂らしながら飛んで いきました。 そう言う事ってあるもんなんですね。

Scene 5

今回見せてもらえた手品は 「とんでもなく増えるナイフ」 増えすぎですよ?

Scene 6

蝙蝠被害の報告を受けて、再び取材に出向いた のですが……なるほどこれは酷い。 というわけで、いくつか退治しておきました。

Scene 7

最後の手品は瞬間移動でした。 瞬間移動の瞬間をカメラに収めようと思ったん ですが……上手くかわされるのです。

Scene 8

ついに吸血鬼被害の実態を取材することに しました。写真付きで記事を書けば、みんなも 恐れることは無いでしょう。元々怖くないけど。

Level 8
Scene 1

尻尾が沢山あるという狐が居るらしくて、 探していました。 これはついでにお花見をしていた時の写真

Scene 2

心霊写真が撮れると言われるあの世までやって きました。早速大きな霊が撮れましたよ?  うっかり死に誘われそうでしたが。

Scene 3

お花見の場所取りをやっているようでした。 ゴザを敷き詰めて、なにやら忙しそうだった ので、写真に収めておきました。

Scene 4

元気な心霊写真です。これだけはっきりと霊が 写っているなんてなかなか無いです。 インチキじゃ無いですよ?

Scene 5

どうやら修行中の様でしたので、写真に収めて おきました。ええ、もちろん邪魔はしていません。 写真を撮っているだけですから。

Scene 6

迫力満点!な心霊写真です。 よく見ると小さなオーブも大量に写っています。 ここは一体どういう場所……ってあの世でしたね。

Scene 7

ついに動物の本性を現しました。 この速度はなかなかの物です。 目が廻らないのでしょうか?

Scene 8

あの世の蝶って眩しく光るものなんですね。 今度、あの世特集でも組もうかな。 「図解!3倍楽しくあの世に逝く方法」うーん。

Level 9
Scene 1

なんだか良く判らないけど、薬屋さんが鬼気迫る 勢いで気を飛ばしていました。 薬の調合って大変なんですね。

Scene 2

何でしょう。聞いたことのない物を見せて もらいました。この方は珍品を多く持つ 好事家としても有名なんですよね。

Scene 3

とんでもなく速い蝶の夢を見ました。 きっと薬の所為だと思うけど、目が覚めても 忘れないように写真に収めておきました。

Scene 4

熱いです! もの凄く熱い。 こんな石は見たことが無いですね。 強いて言えば石焼き芋の石くらいです。

Scene 5

薬屋さんって水銀を扱うんですね。 何に使うのかって聞いたんですけど…… 企業秘密みたい。毒薬か、不死の薬か。

Scene 6

こんなに大きな板が一枚板?にわかに信じられ ません。本物だとすると、今幻想郷にある どの木よりも大きな木が必要じゃないですか。

Scene 7

強烈な幻覚作用を持つお香の様です。 香りには強い私ですが、流石にこれは長持ち しそうにありません。写真で伝わるかどうか…

Scene 8

全くなんだか判らない物を見せてもらいました。 輝夜さんはこれを「ミステリウム(謎物質)」と 言ってました。こんな感じで記事になるかな?

Level 10
Scene 1

豪気なお金のばらまきっぷりです。 宵越しの銭は持たぬ、って事でしょうか? どうせ死者から巻き上げたお金でしょうけど。

Scene 2

嘘つきは死ぬと舌が大変な事になるらしいです。 舌は抜かれて、焼かれ、塩胡椒をかけられて、 檸檬汁に付けてアレするらしいのです。

Scene 3

死神のお迎えを取材しました。人を殺したり しないと言っていたのですが、面白くないので 死神のポーズをしてもらいました。

Scene 4

死後の三年間を早回しで体験させて戴きました。 正直、どれが閻魔様なのか判りませんが、 興味深い記事が書けそうです。

Scene 5

三途の川にも雨が降る事があるようです。 ただ、その雨は魂に降る雨だと説明されました。 良く判らなかったけど、写真は撮れました。

Scene 6

閻魔様に「冤罪は無いのか」と聞いたところ、 「あります」と返答を戴きました。 つまり瓜田李下であれ、との事だそうです。

Scene 7

勝手に人生の値段を付けられてしまいました。 写真を見る限りだと結構な高額に見えるけど、 いかがなもんでしょう?

Scene 8

なんと言うことでしょう! 閻魔様の鏡には私の全てが映る様です。 まさか自分を撮影する事になるとは……

Level EX
Scene 1

取材中にいきなり攻撃を仕掛けてきました。 音もなく不条理が近づいてくる恐怖。 そう言う感じが写真に現れると良いなぁ。

Scene 2

私はてっきり吸血鬼が十字架に弱い物なのかと 思ってましたが、そうではないみたいです。 こんな十字架遊びをしてくるなんて。

Scene 3

ファインダーを覗いていたら逃げ場のない 攻撃を仕掛けられました。 まぁこのカメラの前では全てが無力ですけど。

Scene 4

まるで催眠術でもかけられそうでした。 波が粒になり、そしてまた波に戻る。 写真で伝わるかしら?

Scene 5

カメラは大丈夫かしら? こんなに火の強い中心点にいても死なない 人間って何者? 火消し屋さん?

Scene 6

赤青黄白黒。こんな亀は見たことが無いわ。 珍しい物ハンターがやってくる前に、しっかり 写真に収めたわ。これなら記事は書ける。

Scene 7

濃い鬼の霧は当たると痛いのよねぇ。 それに私の風でも吹き飛ばすことが出来ない。 風と無関係に動いているのよねぇ。

Scene 8

久々に鬼の力を見たわ。 やっぱり、幻想郷のどの妖怪よりも単純に 強いわね。単純だけど。

[[Category:MediaWiki:Cat missions/ja]]