Th105/Reisen's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎Spanish 6% • ‎French 100% • ‎Indonesian 12% • ‎Japanese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/udonge/ed.cv0.jdiff


 

 永遠亭@

 迷いの竹林に存在する不思議な屋敷である。@

 古い様式の筈なのに、決して朽ち果てそうにない。

 

 名前の通り、永遠に変化が無いのだろうか。@  それとも、地震が起きれば神社のように倒壊するのだろうか。

 

鈴仙 「……で、どうやら地震の心配は要らないそうです」@

永琳 「ご苦労様」@

鈴仙 「でも、要石って何ですか?」

 

 鈴仙は天人から神社には要石が挿し込まれた事を聞いた。@  その要石が地震を鎮めるのだと言う。

 

永琳 「要石は、御影石で出来た重しのようなもの。@

    御影石は火の山で産み出される石なんだけど……@

    要石はその御影石の巨大な物ね」

 

鈴仙 「はあ」@

永琳 「地中深くの地底の国まで続く長い石で、

    地震を防ぐ重しになるの」

 

永琳 「要石を挿せるって事は、その天人はただ者ではないわ」@ 鈴仙 「確かに、そんなに巨大なら扱いも大変そうですし」

 

永琳 「巨大も巨大。@

    何せ、天界だって元々は地上に刺さっていた要石だから」@

鈴仙 「え?」

 

永琳 「でも要石は地震を鎮めるけど、一度抜かれてしまうと     壊滅的な地震が起こってしまう」

 

永琳 「要石が抜かれて天界が出来た時は、地上の生き物も一掃された」@

鈴仙 「お師匠様はそれを見た事が……?」@

永琳 「ある訳無いじゃない。相当大昔の話よ」

 

永琳 「要石を挿せる天人……。

    恐らくその天人は名居(なゐ)の人でしょう」@

鈴仙 「それは誰でしょう?」

 

永琳 「名居(なゐ)は地震を操り、地上を支配してきたの。@

    地上に要石を挿したって事は、また何か地上の支配を

    強化しようと……」

 

永琳 「要注意ね」@ 鈴仙 「判りました、動向を観察していきましょう」

 

 神社では要石が地中深くまで挿された。

 それが幻想郷に安定をもたらすのか、

 それとも不安をもたらすのか……

 

 どっちにしても、近いうちに地震が起こる事は無いと安心した。  竹林の曲がった竹は、要石に驚いた竹だったのかも知れない。

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]