Th105/Youmu's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎Spanish 6% • ‎French 100% • ‎Indonesian 12% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Russian 100% • ‎Swedish 100% • ‎Thai 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/youmu/ed.cv0.jdiff


 

 夏の白玉楼@

 積もりに積もった夏の雪は、水分を含んで重くなり冥界を湿らせた。@

 もう雪が降る事は無く、夏の日射しの下、消えていくだろう。

 

 彼女が天界に行ってから幽霊が消えていく事は無くなった様に思える@

 結局、不可解な出来事は全てあの巫山戯た天人の仕業だったのだろうか@

 どうも釈然としないまま冥界に戻ってきた

 

幽々子「もー、暑い夏に戻っちゃったじゃないの。

    貴方が勝手な行動を取るからよ?」@

妖夢 「いえ、あのままだと大変な事になっていたのかも知れないです」

 

幽々子「大変な事って?」@

妖夢 「身の回りの天気がおかしかったのは気質の現れだったのですよ。

    だから雪が降ったりしていたみたいで」

 

幽々子「で?@

    そんな判りきった事を今更言ってどうするの?」@

妖夢 「はい?」

 

幽々子「貴方は気質が駄々漏れだった事に気付いていなかったのかしら」@ 妖夢 「残念ながら……」

 

幽々子「勿体ないわね。気質の本質、つまり無意識になれば

    天候を操作し放題だったのに」@

妖夢 「え?」

 

妖夢 「もしかして、幽々子様は判って雪を降らせていたんですか?」@

幽々子「さあね。

    でも、涼しい方が暮らしやすいよね」

 

妖夢 「そうでしたら最初からそう言って頂ければ……@

    あ、でも、その天気を呼ぶ緋色の雲が地震を呼ぶらしいのです。

    ですからどのみち解決させないといけなかったみたいで」

 

幽々子「貴方はそれを解決したと?」@

妖夢 「ええ。緋色の雲は無くなりました」@

幽々子「残念ね。それだけでは地震は起こるわ」

 

妖夢 「え?」@

幽々子「一度目覚めた物はそんな簡単には止まらないわ。@

    妖夢はいつも詰めが甘いのよ」

 

妖夢 「えー。じゃあどうすれば……」@ 幽々子「取り敢えず、箪笥が倒れないようにしておきなさい」

 

 確かに、地震に対する準備を怠ってはいけない。

 しかし、地震を起こす手段があるのならば、地震を鎮める手段が

 あってもおかしくないと思う。

 

 妖夢は再び天界を目指し  今度は冷静にあの天人の話を聞いてみたいと思った。

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]