Th11/Marisa's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:Bulgarian 99% • ‎German 100% • ‎Deutsch (meta) 100% • ‎English 100% • ‎4Kids English 60% • ‎British English 54% • ‎Google Translate English 100% • ‎Spanish 100% • ‎French 99% • ‎Hindi 99% • ‎Indonesian 1% • ‎Italian 99% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Brazilian Portuguese 99% • ‎Russian 100% • ‎русский (Хэпбёрн) 100% • ‎Swedish 99% • ‎Thai 5% • ‎Ukrainian 100% • ‎Vietnamese 99% • ‎Simplified Chinese 100%

Good Ending No. 04 (Marisa and Alice)

Gnome-colors-gtk-edit.svg e09.msg.jdiff


#0@0  間欠泉。

#0@1  間欠泉の近くは、お湯の温度が高すぎて近づく事は出来ない。

#0@2  だが、怨霊だったのか幽霊だったのかよく判らない霊の姿も   急激に見ることが少なくなっていた。

Marisa 

#0@3「うわ、熱いな。こりゃ」

Alice 

#0@4「あの地獄鴉の力で熱せられてるんだもの。

  

#0@5核融合エネルギーだってよ?

  

#0@6そりゃ熱いはずだわ」

Marisa 

#0@7「核融合って何なんだ?」

Alice 

#0@8「さあ、よく判らないけど太陽の力らしいわよ?」

Marisa 

#0@9「もうちょっと温度下げて貰えないかなぁ。

  

#0@10これじゃあ危なくて近づけないぜ。

  

#0@11妖怪ならまだしも」

Alice 

#0@12「あの地獄鴉に頼んでみたら?」

Marisa 

#0@13「湯沸かし器の調節つまみって感じだといいんだがな……

  

#0@14あ、そうだ、良いこと考えたぜ」

Alice 

#0@15「どうするの?

  

#0@16そんな大量の幽霊……」

Marisa 

#0@17「この間まで怨霊が温泉に浸かってるのを思い出して、 思いついたんだ。

  

#0@18冷たい幽霊を入れればお湯の温度が下がるんじゃないか?」

Alice 

#0@19「下がってもねぇ…… そんな幽霊だらけの温泉、誰が入るのよ。

  

#0@20って、そういえば怨霊、湧かなくなったわね。

  

#0@21人形も狂わなくなったし」

Marisa 

#0@22「うむ。打ち止めかな」

Marisa 

#0@23「うわ駄目だ。幽霊が逃げちまう」

Alice 

#0@24「やっぱ熱すぎるんじゃないの?

  

#0@25そんなのより、卵でも入れて温泉卵でも作った方が 良いんじゃない?」

Marisa 

#0@26「それだ!温泉卵で一儲け出来るな。流石、核融合の力だぜ」

#0@27  間欠泉の原因は、地獄鴉の持つ余剰な熱によるものだと判った。

#0@28  間欠泉と共に湧いていた怨霊は、何故かピタと止まった。

#0@29  原因は判らなかったが魔理沙の希望通り間欠泉は残り、アリス   の希望通り人形が狂わなくなったので、放って置くことにした。

#0@30  というのも、地底の妖怪達は現状を楽しんでおり、とても何か   を企んでいる様には見えなかったからである。

#0@31  間欠泉と共に怨霊が湧いてきたのは何かの事故だろう。魔理沙   とアリスはそう結論づけた。

#0@32  だが暫くして、地獄鴉から意外な真相を聞いた。

#0@33  核融合の力は山の神様に頂いたのだという。

#0@34  その事を知った、二人は今度は山の神社を目指すことにした。

#0@35  自分にもそのエネルギーを分けて貰いたかったからである。

#0@36  Ending No.04  核融合卵といってもただのゆで卵

#0@37   オールクリアおめでとう! 流石だね!

Good Ending No. 05 (Marisa and Patchouli)



Gnome-colors-gtk-edit.svg e10.msg.jdiff


#0@0  魔法の図書館。

#0@1  紅魔館の地下にある暗い図書館である。

#0@2  ここには他では見かけない貴重で不思議な本が詰まっていた。

#0@3  本気で調べようと思えば、ロケットの作り方から肉じゃがの   レシピまで幅広く知識が手に入る。

Patchouli 

#0@4「怨霊……怨霊……怨霊……っと

  

#0@5怨霊ってのはもとを正せばどうやら三途の川を渡り損ねた 幽霊なのね」

Patchouli 

#0@6「死神に魂持って行かれる前に、死体を妖怪に持って行かれて しまうと怨霊になると。

  

#0@7ふむふむ。え?

  

#0@8『特に、火車と呼ばれる猫に死体を持って行かれると怨霊に されてしまう』……」

Patchouli 

#0@9「……あの猫……」

Marisa 

#0@10「猫がどうしたか?」

Patchouli 

#0@11「猫が怨霊を送り込んだ犯人の様な気がして……って 何よそれ」

Marisa 

#0@12「間欠泉の近くで捕まえたんだ。

  

#0@13正直、幽霊なのか怨霊なのか区別がつかなくてな」

Patchouli 

#0@14「変なもん持ち込まないでよ。

  

#0@15幽霊と怨霊を見分けるのは簡単よ」

Marisa 

#0@16「おおそうか、不勉強ですまんな」

Patchouli 

#0@17「触って冷たい方が幽霊。熱い方が怨霊」

Marisa 

#0@18「どれどれ? お、冷た!

  

#0@19するってーとこいつはただの幽霊だな」

Patchouli 

#0@20「ああ、その辺で捨てないの。 ちゃんと責任持って持ち帰りなさい。

  

#0@21飼育放棄したペットが問題なの知ってるでしょ?」

Marisa 

#0@22「ああ、地底は酷いもんだったな。飼育放棄」

Patchouli 

#0@23「猫は放し飼いで怨霊操るわ、鴉は地獄の火を使って 暴れ放題だわ……

  

#0@24今回の騒動は、もとを正せば全て地霊殿の奴らが ペットの管理をちゃんとしてないのが原因よ」

#0@25  結局間欠泉は止まらなかったが、怨霊が湧く事は無くなった。

#0@26  間欠泉は灼熱地獄の余分な熱を逃がす為には必要らしい。

#0@27  間欠泉自体には何の危険もなかった為、魔理沙もパチュリーも   放って置くことになった。

#0@28  最近、始めは可愛がっていたペットでも、飽きてしまい放って   しまう無責任な飼い主が増えていると聞く。

#0@29  そんなペットは、自分で生き延びる力を得て終いには

  妖怪にまで成長し、場合によっては飼い主に襲いかかる事も

  あるのかも知れない。

#0@30  ペットを飼っている貴方は、妖怪を見る度に思わなければ   いけない。

#0@31  目の前の妖怪は昔飼っていたペットなのかも知れない、と。

#0@32  Ending No.05  地霊殿のペットは最初から妖怪っぽいけど

#0@33   オールクリアおめでとう! 流石だね!

Good Ending No. 06 (Marisa and Nitori)



Gnome-colors-gtk-edit.svg e11.msg.jdiff


#0@0  間欠泉。

#0@1  間欠泉は地底に溜った水が熱せられ、逃げ場を失った水蒸気が   高圧になり地上に吹き出してくると言われている。

#0@2  これだけ大量のお湯を定期的に吹き出すエネルギーは、   とてつもなく大きいものだと予想できる。

Marisa 

#0@3「何をしているんだ?」

Nitori 

#0@4「山の神様は核融合エネルギーが河童の未来を変えるって

言ってたんだけど、どうも何に使って良いのかまだよ

判らなくてね」

Nitori 

#0@5「でも、この間欠泉が核融合によって産み出されている 事が判った。

  

#0@6だから、この間欠泉からエネルギーを取り出してみよ うとね」

Nitori 

#0@7「出来た」

Marisa 

#0@7「なんだこりゃ?」

Nitori 

#0@8「タービンて言って水車みたいなもんよ。

  

#0@9間欠泉の勢いでこのタービンが廻れば十分な電力が 得られるに違いない」

Marisa 

#0@10「何か無駄が多くないか?

  

#0@11間欠泉なんてたまにしか噴きでないし……

  

#0@12水車だったら滝に付けた方がよさそうな」

Nitori 

#0@13「うむ。確かにエネルギー効率が悪そうだねぇ」

Nitori 

#0@14「あー、私にも核融合の力があれば色々試せるん だけどなぁ」

Marisa 

#0@15「そんなの、あの鴉を手懐ければ良いんだよ。 簡単な話だ」

Nitori 

#0@16「そう? じゃやってくれるかい? 私は地底には降りたくないんでね」

Marisa 

#0@17「しょうがないなぁ、もう一回地底に潜るか。

  

#0@18その代わり、首尾良く成功したらエネルギーを 分けてくれよな」

#0@19  二度目の地底は何の問題もなく潜入する事が出来た。

#0@20  そして地獄鴉の空はあっさりと、魔理沙の言う事を聞くよう   になった。

#0@21  動物にとって弱い者は捕食の対象だが、自分を負かせた強い者   には従順なのである。

#0@22  空は核融合を制御できるが、実際に反応させる原子は山の神様   に貰わないといけないのだと語った。

#0@23  つまり、山の神様の許可がないと無限には反応させ続ける事は   出来ないのだという。

#0@24  魔理沙は、ここまで来たら山の神様に会って、核エネルギーを   頂くしかないと思った。

#0@25  山の神様が魔理沙にそんな力を与える筈も無かったのだが。

#0@26  Ending No.06  核融合エネルギーは未来の希望

#0@27   オールクリアおめでとう! 流石だね!

Bad Ending No. 10 (Marisa and Alice)



Gnome-colors-gtk-edit.svg e03.msg.jdiff


#0@0  間欠泉。

#0@1  良く見ると、幽霊のような何かがうようよしている。

#0@2  これが怨霊だろうか?

Marisa 

#0@3「うーむ。 確かにここら辺にいる奴らは幽霊じゃないかもなぁ。

  

#0@4何が違うかというとよく判らんが」

#0@5  取り敢えず、幽霊と怨霊の違いを見つけようとしたが、

#0@6  アリスに後回しにさせられた。

#0@7  まずはこいつらが湧いて出てくるのを阻止してからだろう。

#0@8  Ending No.10  研究は暇な時にね

#0@9  コンティニューしないでクリアを目指そう!

Bad Ending No. 11 (Marisa and Patchouli)



Gnome-colors-gtk-edit.svg e04.msg.jdiff


#0@0  間欠泉。

#0@1  良く見ると、幽霊のような何かがうようよしている。

#0@2  これが怨霊だろうか?

Marisa 

#0@3「これらが怨霊だと?

  

#0@4一丁前に温泉になんて入って……

  

#0@5何にも怨んでるようには見えないがな」

#0@6  パチュリーの話だと、この怨霊が何かに取り憑けば   世の中を怨む者になってしまうという。

#0@7  見た感じはただの暢気な幽霊なのだが……

#0@8  Ending No.11  幽霊だと温泉は冷たくなるかもね

#0@9  コンティニューしないでクリアを目指そう!

Bad Ending No. 12 (Marisa and Nitori)



Gnome-colors-gtk-edit.svg e05.msg.jdiff


#0@0  間欠泉。

#0@1  この膨大な量の水をお湯に変えるエネルギー。

#0@2  それが河童の言っていたエネルギーなのだろうか。

Marisa 

#0@3「ふむ、確かに相当なエネルギー量だな。

  

#0@4ここから見ると山の高さぐらいあるように見えるぜ。

  

#0@5これは絶対に手に入れないと……

  

#0@6しかし、にとりが本当に分けてくれるのかなぁ」

#0@7  魔理沙は、妖怪に無理矢理地底に行かされたのだが、   今度は自分からも積極的に潜入して見ようかと思った。

#0@8  

#0@8  Ending No.12  究極の湯沸かし器

#0@9  コンティニューしないでクリアを目指そう!

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]