Th123/Meiling's Scenario

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎Troll translations 94% • ‎Spanish 100% • ‎French 1% • ‎Indonesian 2% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Russian 100% • ‎Swedish 100% • ‎Thai 100%

Stage 1

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/meirin/000.cv0.jdiff


Meiling

パチュリー様!

Patchouli

何よ、騒がしい

Meiling

大変です! さっき、見てはいけない物を見てしまいました!

Patchouli

見てはいけない物?

Meiling

太歳星君です。 これは最悪の事態を想定しなければなりません!

Patchouli

……で?

Meiling

つまり、地震か何かが起こると言うことです!

Patchouli

……。 地震って、時代遅れね

Meiling

はい?

Patchouli

何にしても、私の研究の邪魔をしないの。 さっさと持ち場に帰る!

<win>

Meiling

本当なんですよ

Patchouli

本当でもいいじゃないの。 どうせ、地震でしょ?

Meiling

どうせって。 地震を舐めちゃいけないです

Stage 2

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/meirin/001.cv0.jdiff


Meiling

こうなったら私が迎え撃つしかない!

Meiling

太歳星君は災禍をもたらす妖怪を 送り込んでくる筈よ!

Alice

図書館に行きたいんだけど案内してくれる?

Meiling

む! 早速現れたわね!

Alice

何よ。 私はただ図書館に行きたいだけ

Meiling

ふふふ。私には全て判っている。 お前は――

Meiling

お前は太歳星君が差し向けた妖怪だ!

Alice

あっはっは! 流石は紅魔館の門番ね!

Alice

この仮の姿、一発で見抜くとは!

<win>

Meiling

危なかった。 この様な形で攻めてくるとは恐ろしい

Alice

……

Meiling

流石に無言か……。 もう動きそうにないな

Meiling

これだけで終わるとは思えない。 まだまだ迎え撃ってやる!

Stage 3

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/meirin/002.cv0.jdiff


Marisa

さーて、今日も図書館通いだー。 文学少女だぜー

Meiling

……

Marisa

お!? 止めないんだな。 行っちゃうぜ? 行っちゃうよ?

Meiling

お前も偽物だ! 私には全て判っている!

Marisa

偽物だと?

Meiling

いつもなら堂々と正面玄関から入るお前が、 空からやってくるとは滑稽だ

Marisa

ふふ。 流石だな。流石は紅魔館の防波堤、美鈴だ

Meiling

そんな変装、誰でも判るわ

Marisa

だが、正体を見抜いたところで 私には勝てまい!

<win>

Meiling

ふん。強さは元の人間と大差ないな

Marisa

……

Meiling

こんなに凶悪な妖怪。太歳星君

Meiling

私が居なかったら、 今頃紅魔館を乗っ取られていたわ……

Stage 4

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/meirin/003.cv0.jdiff


Reimu

さーて、今日も妖怪退治よー。 紅魔館の悪魔達をみんな消毒よー

Meiling

ふん。来たね! 災禍の化け物よ

Reimu

化け物だって?

Meiling

いくらうまく人間に化けたって無駄よ! 私の目は騙せない

Reimu

ほほう。 巫女の姿をした私を化け物と言うのかね

Reimu

面白い事を言うじゃないか。 お前が化け物の癖に

Meiling

ふ。確かに私は妖怪だ。 だがな

Reimu

だが?

Meiling

私は、幻想郷を愛する妖怪なのだ! お前達みたいな破壊者ではない!

Reimu

素晴らしい! 素晴らしいわ! あんたは妖怪の鏡だ

Reimu

だが、きれい事だけで平和が 守られると思うなよ?

Reimu

我々がこの幻想郷に災禍を 持ち込んでやる

Reimu

大地を揺るがす災厄をな!

<win>

Meiling

少々出来るようだが、私の力には及ばないね!

Reimu

むむむ。 流石だな? お前

Reimu

しかし、お前は過度な連戦で力を 失っていると見える

Meiling

くっ!

Reimu

さあ、今こそ真の姿を見せる時が来たようだな!

Meiling

ついに姿を表すというのだな……!

Stage 5

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/meirin/004.cv0.jdiff


Meiling

何処だ! 何処にいるというのか!

Meiling

幻想郷を蹂躙する太歳星君の僕。 姿を現すが良い!

Master Big Catfish

あっはっは。 ついにわしを復活させてしまったな

Master Big Catfish

お前に仕向けた刺客との戦いは 楽しかったかね

Meiling

Master Big Catfish

彼奴らはお前から力を奪う為だけに 仕向けたのじゃよ

Meiling

!?

Master Big Catfish

そう、わしを復活させる為の力を。 大地を揺るがす為の力を!

Meiling

なんだって!?

Master Big Catfish

気付かないうちにお前はわしの為に 働いて居たのじゃよ

Master Big Catfish

どうだ? 怒りで何も考えられないか?

Master Big Catfish

それとも、 悲しみで言葉を失ったか?

Meiling

ふっふっふ

Master Big Catfish

何故笑う

Meiling

私の為にそこまで用意したなんてね

Master Big Catfish

なんじゃと?

Meiling

私の伝説を作るために

Master Big Catfish

ほう?

Meiling

この世界に来てはならないものを 幻想郷一の門番が守るという話の為に!

Master Big Catfish

舐めて貰っては困るな

Master Big Catfish

我はあの最凶最悪の妖怪 太歳星君の影の一つじゃ

Master Big Catfish

わしこそは伝説の大ナマズ様。 わしが動けば大地は揺れ、地上は崩壊

Master Big Catfish

お前如き、触れる事すら侭ならぬ!