Th125/Aya's mission comments

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 96% • ‎English 98% • ‎Troll translations 6% • ‎Spanish 19% • ‎Latin American Spanish 94% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Portuguese 100% • ‎Russian 100% • ‎Thai 100% • ‎Vietnamese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg missions.js
Mission Comment
Special Comments
Mission locked

ここは面白い事が起きないオーラを出しているわ つまらない場所には用はないわね

No photos

この辺で面白い事が起きそうな予感がします

Low score

うーん。枚数は十分撮れたんだけど…… レベルの低い写真ばかりね もう一度撮りに行こうかしら?

Low photos

撮れた事は撮れたけどねぇ もう少し纏まった枚数の写真が無いと記事には出来ないわ

Level 1
Scene 1

その辺を彷徨 (うろつ) いていた豊穣の神様相手に ちょっと写真の練習をしてみました カメラの調子が悪くなったらまた練習しようかな

Scene 2

練習相手にしていたら噛みつかれました 逆ギレですね 最近の神様はキレやすくて困ります

Scene 3

木を揺らすと落ち葉が舞います この落葉の神様はこうやって木に暴力的に当ることで 木を丸裸にするのですね

Scene 4

今年も過激な収穫祭の季節ね 何を収穫して何を祝ってるのかしら? やっぱりアレかな? 人間なのかな?

Scene 5

木枯らしが冷たいです。その木枯らしが落ち葉を巻き上げて いる写真を撮ったのですが、ちょっとネタにならないかなぁ まあ、風を吹かしているのも私なんですけど

Scene 6

あ、神様も兼ねている焼き芋屋さんだ やっぱり秋と言ったら焼き芋ですよね 野国総管 (のぐにそうかん) は偉大よねぇ

Level 2
Scene 1

嫉妬狂いで有名なお方ですね 最近、このお方の嫉妬はパフォーマンスじゃないかと 思い始めています

Scene 2

新聞記者は人の闇に触れる事もあります 忌み嫌われた流し雛もその一つです 筆禍 (ひっか) を恐れず挑んで見たいと思います!

Scene 3

嫉妬爆発ですね! 想いが爆発するヒステリーなんて聞いた事がありません もしかして心臓病の一種でしょうか……?

Scene 4

禊川 (みそぎがわ) は人間が穢れを流している川です やっぱり川底には堆積しているんですねぇ、アレが (きたな) いなぁ

Scene 5

あら、嫉妬の炎もこの位派手ならたまには嫉妬するのも 悪くないかも知れません でも、どうすれば嫉妬できるのでしょうか

Scene 6

おみくじ引いたら凶でした やっぱり厄を貰って来ちゃったかなぁ こういう時は大吉が出るまで引き続けるのが良いですね

Level 3
Scene 1

土蜘蛛ですね かなり器用で力持ちで、特に建築が得意でよく招請 (しょうせい) するのです 便利ですよね、こういう妖怪の知り合いが増えると

Scene 2

随分とださい傘を振り回していますね 何か楽しいことがあったのでしょうか? 最近の若い唐傘お化けの考えている事は判らないですねぇ

Scene 3

おっと、釣瓶 (つるべ) 落としだわ こう見えてもこの妖怪は凶暴なんですよね 暗がりでじっと人間が通るのを待ち続けている所は地味ですが

Scene 4

頑丈な糸射出の瞬間の撮影に成功しました。細いですが建築物 にも使われている糸なのです。特殊な条件下で切れるらしいん ですが、どういう条件なのでしょう

Scene 5

見事な虹が出ています! 虹って龍神様の一種らしいけど不思議な存在ですよね 綺麗に現像できるかな?

Scene 6

かなり本気で襲いかかられました 記録の少ない妖怪なのでもっと事細かく取材したかったの ですが、こんなに暴れられるとちょっとねぇ

Scene 7

樺黄小町 (カバキコマチ) 、この国に棲む数少ない猛毒グモですね 母親が我が身を子に喰わせて育てるという変グモですが… そんな真面目な記事、誰も読みたがらないですよね

Scene 8

雨の日に里の空を飛ぶと傘を持っている人が大勢歩いています アレってちょっと無防備ですよね 空から何が襲いかかって来るか判らないですしー、巫女とか

Level 4
Scene 1

河原で遊んでいた河童を激写しました ネタを探しに行くのが面倒なときは、こうやって近場で取材を 済ますのが楽で良いですね

Scene 2

山の見張り役、白狼天狗です ちゃんと仕事しているのかちょっと調査してみました どうも顔を合わせると喧嘩になりやすいんですけど……

Scene 3

河童が水遊びをしているところを撮影しました 無邪気に遊んでいるように見えて、良く見ると人間が溺れて いたりするんですよね。あー怖い

Scene 4

案の定、噛みつかれました こいつは大天狗様には従順な癖に、私達鴉天狗を見下している 節があるんですよねぇ。ぷんぷん

Scene 5

河童の豪快な水浴びの様子ですね これはイジメなんじゃ無いかと思ってしまいますが違います 河童を見かけたら勢いよく水を吹きかけてあげましょう

Scene 6

身内ですが折角の取材なので、侵入者の追っ払い方を見せて 頂きました。小さい自分を大きく見せる技。流石ですね! これからもずっと見張りをして頂きたいです

Scene 7

あの鼻が曲がりそうな程臭い尻子玉も、乾燥させればそんなに 酷くないですね。それにしてもこれだけの数の尻子玉…… 何人の人間が犠牲になったのでしょう。興味が尽きないです

Level 5
Scene 1

あれ? 余り見かけない妖怪ですね…… 尼さんみたいですけど、里に出来たお寺の僧侶でしょうか? ちょっと追跡取材してみたいと思います

Scene 2

舟幽霊ですね 幻想郷は船を使う機会が少ないので退屈そうです 三途の河にでも住めば沈ませ放題かも知れないですが

Scene 3

あー、この大きな手は! 見越 (みこし) 入道ですかね…… 古典的な妖怪に出会うと仲間意識が目覚めます。幻想郷は やっぱり私達の楽園ですよね。でも叩かれると痛いです……

Scene 4

錨って初めて見ましたが、随分と大きな釣り針なんですね 大きな魚が釣れるのかなと思いましたが、実は魚を釣る為の物 じゃ無いらしいです。実際は大地を釣る物ですって

Scene 5

出ました、入道の本体です! 入道が出ても見上げてはいけない、というのが鉄則ですが 私は新聞記者。この程度の圧力に屈する訳にはいきません!

Scene 6

こうやって船に水を入れるんですね これは便利です 夏の暑い夕暮れとか、広い畑とかで役に立つと思います

Scene 7

見越入道を見上げていたら、やっぱり攻撃されましたねー 入道を見上げてはいけないってのが鉄則ですから それが鉄則の理由は、実は入道さんはシャイなんです

Scene 8

浮かばれないですね! 水死体の幽霊って こういった悲劇の影には計り知れないエネルギーを感じます 脳天気な記事ばかりなので、 (たま) には惨憺たる記事も欲しいかも

Level 6
Scene 1

地底の鬼ですね 鬼の皆さんは地底世界に隠居なされたので、その間妖怪の山は 私達天狗が預かる事になったのです。いやほんと

Scene 2

伊吹の鬼です 地上に現れてから普段何処にいるのか不明なんですよね いっそ適当な住まいをあてがえば大人しくしてくれるかなー

Scene 3

鬼の不思議な力を激写しました 手を (かざ) しただけでこんな熱が生まれるんですね これなら人里の一つや二つ焼き尽くすのも一瞬でしょうね

Scene 4

小鬼がワラワラと湧いてました この小さな鬼も全部自分の手足のように動かせるのかなぁ 一つ一つ潰してみたらどの位痛みを感じるのかなぁ

Scene 5

出ました。鬼のインチキな力です 何だか判らない不思議な力を使うんですよね 新聞記者足る者、怪力乱神 (かいりょくらんしん) を語らず。と言いたい所ですが……

Scene 6

鬼ともなると吐息一つでも豪快なものです 写真を見ると殆ど真っ白で何が何やら判りませんね 何といっても酒臭いですし

Scene 7

大声大会の様子です。大声では鬼の右に出る者はいませんね 大声すぎて簡単に辺りの木々がなぎ倒されてしまいます 本当、歩くカタストロフィですね

Scene 8

ついにキングオブ化け物の本性を激写しました! 細かい事は気にしない鬼の姿勢には脱帽です でも、撮れた写真はピントが合わなくて何が何やら……

Level 7
Scene 1

毘沙門天のフリをしている妖虎ですね 妖怪でも真面目にしていれば信仰されるという良い例ですね 天狗だって神様になった人もいますし

Scene 2

鼠が出ました 鼠はちっちゃくてずる賢くて不衛生なんですよね 何か病気もってそうだし、ちゃんと駆除しないといけませんね

Scene 3

お腹空かした妖虎です。野性味溢れる瞬間を捕らえました やっぱり動物は動物かなー スピードで天狗に勝負かけたのは馬鹿でしたね

Scene 4

ダウジングが出来ると言うので見せて貰いました ダウジングって何だろうと思っていたら、地面に落ちている 古銭を掘り当ててくれました。凄いです!

Scene 5

曼荼羅 (マンダラ) を見せて貰いました 曼荼羅は別世界の地図の様な物だそうですが、随分と整った 世界の地図ですね。窮屈かも……

Scene 6

古銭を掘り当てたことを褒めたら今度は金を掘り当てて くれました! ネズミの認識も改めないといけませんね 次はネタを掘り当てて頂きたいです!

Scene 7

あら、目が回ってるかも……黄金の輝きは妖怪を狂わしますね 信仰を集める者が派手な格好をしているのは目眩ましの効果を 狙って、という事なのでしょうか

Level 8
Scene 1

死臭漂う猫です 写真では判りにくいですが、近くに居ると妖怪の私でも 相当不穏な空気を感じます。シッシッ

Scene 2

核融合してくれる鴉を撮ったんですけどねぇ 殆ど逆光で真っ白な写真ばかりになってしまいました 太陽を上手く撮る為にはどうすれば良いのでしょうか?

Scene 3

猫が死体を飛び越えると死者が復活するんですよね 何でって言われても困りますが まあ、この妖精達はゾンビごっこをしているだけですけど

Scene 4

熱いですね。それに逆光で良い写真が撮れません、河童に聞い たら「逆光なら露出を調整すると良いよ」と言われましたが、 熱くてこの上にさらに服を羽織るのはちょっと……

Scene 5

賑やかですねー、やっぱり田舎とは比べものになりませんね 死体の賑やかさも、生者の量に比例するはずですもんね まあ、ゾンビごっこですけど

Scene 6

(くう) さんの写真はもう諦めました ですので、新聞には真っ白の写真を載せて 「これが霊烏路空だ」と書こうと思います

Scene 7

シッシッ、行儀の悪い猫ね 猫避けに使えるアイテムとか無いのかなぁ いやまあ普通の猫は良いんですけどね。この猫は縁起が悪いし

Scene 8

北斗七星 (セプテントリオン) ? ああ、天龍の事ですね 龍が騒ぎ出したらこんな程度じゃ済まされないでしょうけど でも、七星の背中についている小さい星は一体?

Level 9
Scene 1

心を読む嫌な奴です 私だって色々考え事してますから心を読まれると困るのです 口封じに記事に書ける写真を撮っておかないと

Scene 2

こいしちゃんもサトリなんですよね 心は読めない見たいですけど、本当でしょうか? 心の読めないサトリなんてただの雑魚ですね

Scene 3

心の奥底に少しでも恐怖の記憶があると、それがトラウマと なって行動が制限されてしまうらしいのです いつ爆発するのか怖いですもんね

Scene 4

人間はなんかうねうねに支配されているのだそうですよ 里の人間が浮き沈み激しいのはこのうねうねの所為なんで しょうかね。でも何処に居るのでしょう? うねうね

Scene 5

写真を撮ろうとしたら心を読んで逃げるのです だからサトリは嫌なんですよね こうなったら盗撮しかないじゃないですか

Scene 6

人間の胎児は母親のお腹に居るときに夢を見るんですって これはスクープです! 夢の内容は……微生物とか魚とか恐竜とか……ですって?

Scene 7

うーん、何処かでこんな弾幕を見た気がしますが…… それにしても、彼女が居れば忘れた事も思いだせそうですね サトリも使いようかも知れません

Scene 8

刺々しい弾幕です。心の奥底は誰しも刺々しい物だそうです そりゃそうですよね。私も刺々しいですよ。この写真でネタが 書けなければ殴り込みに行こうかと思っています

Level 10
Scene 1

世間知らずの天人です 天人とはいえ元々は人間なので妖怪とは相性が良くありません その代わり、新聞記事との相性は抜群ですが

Scene 2

雲海を泳ぐ龍宮の使いですね 地震の宏観前兆を敏感に察知してみんなに警告してくれます 最近は地震予報だけでなく天気予報もしてくれるそうですよ

Scene 3

まず避難経路を確認してから弾幕ごっこをしましょう 弾幕が起きてからでは遅いのです 「退かない抱えない絶望しない」が鉄則です、とか

Scene 4

むむむ、私のカメラで撮っても効果的に弾幕が消せないわ これが龍神様の力の一部なのね そろそろカメラもパワーアップさせないとねぇ

Scene 5

非常識な要石の使い方ですね 要石ってナマズ鎮護の為にあるんじゃなかったの? 投げたり、空中に浮かべて足場にしたりする物では無い気が

Scene 6

そういえば、最近鯛や平目を見ていないですね 昔は海にも良く行ったりしていたんですけどねぇ…… あんな血の気の薄い淡泊な味では満足できないですけど

Scene 7

人間の気性がダダ洩れの瞬間を捉えました! 熱いかと思いきやそうでも無いんですね その代わり人間の匂いと味が写真からペシペシ伝わってきます

Scene 8

龍宮の使いって雷雲の中に棲んでいるから、体が帯電している のかも知れないですね 私も気になるのです。彼女に会うとバチバチいうので

Level 11
Scene 1

最近、山の上に住み着いた神様ですね 天狗社会と平和条約を締約しているので手出しは出来ません そういう触れられない所にスクープは眠っているのです

Scene 2

山の神社には色々神様が居るのです。それぞれ、蛇と蛙と人間 という組み合わせです。いつか蛙を呑み込んでいる蛇を人間が 捕まえている瞬間を撮りたいです

Scene 3

お腹を空かした蛇ですね 蛇って意外と素早いんですね 山楝蛇 (ヤマカガシ) か何かっぽいし、捕まえて今夜の肴にしようかなー

Scene 4

翡翠って叩き付けても砕けにくいです 普通の鉱石より硬度は低いけど粘り強さがあるからだそうです つまり、投げつけて弾幕にするには最適って事ですね

Scene 5

この神様は私達天狗に変な祭を強要するんです 長い棒を崖から落として谷底の住人に穴居 (けっきょ) 時代の生活を 強いるらしいんですが、何が楽しいんでしょうか

Scene 6

ここだけの話、鉄輪 (かなわ) って彼女が投げてくる様な鉄の輪じゃ なくて、もっと細長い別の形をした物だそうですよ 本物は隠しているんですね。今度潜入調査してみます

Scene 7

御神渡 (おみわた) りって湖上に出来る道ですね 私知ってるんです。あれって、湖上が凍った寒さが厳しい夜に 妖精達がセカセカ道を作ってるんですよね

Scene 8

ミシャグジ様って、豊穣の神様だったり祟り神だったり よく判らない神様ですね 今回は戦の神様でしょうか? 他にも何かあるんでしょうか?

Level 12
Scene 1

最近妖怪のお寺を建立した尼さんです 神社と違って妖怪でも人間でも受け入れるそうですが、受け入 れるってどういう事なんでしょうね。食材としてかしら?

Scene 2

(ぬえ) です。何だか判らない物を表現するときに鵺的表現と呼ぶ 様に、鵺は何だか判りません 紫鏡も何だか判りません。これでどうやって記事を書けば……

Scene 3

僧侶の行脚の様子を密着取材しました 人間だった事、魔界に封印されていた時の事など、判りやすく 話していました。こうやって人間や妖怪は騙されるのですね

Scene 4

赤マントは人間の子供を攫う怪人として里で噂になっている そうです。子供を攫うのは妖怪として当然の事ですが、最近は キャッチアンドリリースが主流なんですよねー

Scene 5

へー、本地垂迹 (ほんじすいじゃく) って言うんですね。神様のコスプレを 大日如来の格好をした天照大御神を見たのはそういう理由でし たか。お寺の事よく知らないので助かります

Scene 6

厠から手を出してくると噂の花子さんです そんな不浄の所に住み着かなくても良いのにねぇ 流石にそんな品のないネタは私の新聞には書けないかなぁ

Scene 7

あらら、私のカメラの力が効かないなんて! 人間上がりの癖にやりますね。うかうかしていられないわね これで修行する口実が出来るわー。わくわく

Scene 8

何だか判りませんが鵺的弾幕が空から降ってきましたよ これは遊星より遊びを提供してくれたって事かしら? 私もこれに応えて楽しく記事を書かないといけませんね!

Level EX
Scene 1

あら、いつもの巫女さんは新聞を取ってくれないのですか? そんな貼り紙、私の前では当然無効です! 新聞の情報は生活に必要不可欠ですよ?

Scene 2

森に住む泥棒兼魔法使いの人間です。放って置くと山に忍び込 んでたりする困った人間です。何度注意しても聞く耳持たない んですよねぇ。いつか死ぬ目に遭うかもしれないのに

Scene 3

山の神の一柱です 昔みたいに山にも神様が住むようになってますます安泰です 天狗の技術も地位も外の世界並に上げて貰えないですかねぇ

Scene 4

あら、撮影禁止専用の結界だなんて、随分と嫌われたものね 私以外の天狗の取材が荒い所為かしら? 今度そんな天狗を見つけたらきつく言わないとね

Scene 5

彼女のお得意の弾幕です ってそんなんじゃ面白い記事が書けないわ もっと彼女らしく生き生きと泥棒している姿が見たいです

Scene 6

おや、この力は蛙の神様の力ですね 彼女はまだ独り立ち出来ていないのでしょうか? 成長を連載記事にするのも面白いかも知れませんね。妄想で

Scene 7

人間の癖に平気な顔して瞬間移動するのですね 流石の私も瞬間移動の速度には負けてしまいます 本人は瞬間移動したことに気付いていないみたいですが……

Scene 8

そうそう、彼女の記事を書くのならこれですよね 「光るひったくりに気を付けよう!」 やっぱり生き生きとした泥棒は魅力的です

Scene 9

あら、一人で妖怪退治の技が出来る様になっていたのですね? 妖力がガシガシ吸われます これで山の神の威厳も保てますね。めでたしめでたし

Spoiler Level
Scene 1

あらら、宣戦布告されてしまいました ま、ちょっと揉んでやればまた引き籠もりに戻るでしょう 世間の厳しさを教えないとね

Scene 2

カメラの性能が酷いわねぇ そんなちゃちなカメラでは里の人間に笑われてしまいますよ 河童の仕事もいい加減ねぇ

Scene 3

あら、連写出来るのかしら むむむ、羨ましくなんてないですけど フィルム巻く時間が短いのねぇ、羨ましくなんてないですけど

Scene 4

結局、私の撮影技術を怖れて念写を出してしまうのですか 折角自分の足で取材に出る決意をしたというのに そんなんじゃ駄目ですよ、少し虐めすぎたかしら?

Scene 5

このセリフは出ません

Scene 6

このセリフは出ません

Scene 7

このセリフは出ません

Scene 8

このセリフは出ません

Scene 9

このセリフは出ません

[[Category:MediaWiki:Cat missions/ja]]