Th135/Summary

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 55% • ‎English 55% • ‎Spanish 55% • ‎Indonesian 55% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Thai 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/system/story_select/summary.txt.jdiff


Reimu's scenario

ID Text
1

普段は大人しい人間もいつも元気な妖怪も、皆一様に

興奮しているように見える。

彼らが血気盛んな理由はただ一つ。これから巫女と

そのライバルによる決闘が行われるというのだ。

この闘いに勝って人気を不動の物とせよ!

Marisa's scenario

ID Text
2

里はお祭り騒ぎだ。

しかし、このお祭りは何処か廃退的で刹那的な匂いが

する。心を掴むのが仕事の宗教家達が喜ぶ匂いである。

彼女は先回りし、宗教家達が甘い汁を吸う前に自らの
味方を増やす闘いに出た。

Byakuren's scenario

ID Text
4

命蓮寺は人で賑わっていた。

 しかし、皆の目的は仏の教えを受ける事では無かった。

 道徳が廃れ、世は、大騒ぎして派手に目立った者こそ が正義という末法の世界。

 彼女は“力も方便”とばかり派手な闘いに出る。

Miko's scenario

ID Text
6

 人間の心から希望が失われている。そう感じた神子は

自らが希望となり、世界を救おうと考えた。

 その為にはまず、邪魔な同業者を倒して人心を掌握し なければならない。

 神子は幻想郷で一番古い宗教施設を訊ねた。

Ichirin's scenario

ID Text
3

命蓮寺の住職が寺を留守にしていた。

 どうやら人間にとって重要な仕事があるらしいが、修行 中の身である一輪は寺の留守を守るように言われていた。

 しかし事態は一変する。

 命蓮寺に挑戦者が現れたのだ。

Futo's scenario

ID Text
5

 心の荒んだ人々を救うべく、神子が行動に出た。

 あちこちに分散した信仰心を自分に集め、刹那的な生 き方を改めさせようと言うのだ。その為に、別の宗教家 と争わなければならない。

 布都はそのサポートに廻る事にした。サポートとは敗\n者のアフターケアの事であるのだが……。

Nitori's scenario

ID Text
7

 里はお祭り騒ぎだ。

 あちこちで実力者によるストリートファイトが行われ ており、人々が興奮しているようだ。

 興奮と熱狂はそのまま信者を生む。それでは、宗教家 に良いように利用されるだけだ。

 一部の河童は宗教を嫌う文化を持っていた。

Koishi's scenario

ID Text
8

 彼女は何も覚えていなかった。

 気が付くと人混みに紛れていた。その事に気付く者も いない。  夢も希望も無い、毎日がそんな生活だった。

 しかしひょんな事から挑んだ決闘が、彼女の日常を僅

かに変化させた。

Mamizou's scenario

ID Text
9

 丑三つ時になると無感情になる人間達。

 その原因は、面霊気の持つ六十六の面の内の一つ、希 望の面が失われた事にあった。

 いくつかの解決策は進行しているらしい。  その事を小耳に挟んだ彼女は、宗教家達にその後どう

なったのかを聞きに行った。

Kokoro's scenario

ID Text
10

彼女はコロコロと感情を変える。

 その性格とは裏腹に本体は無表情だった。それが自我を 保てない理由だという。  そう指摘された彼女は、人間や、妖怪の表情を学ぶべく 旅に出た。

 そう、学ぶ手段といったらアレしかない!