Th14/Sakuya's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:Bulgarian 93% • ‎Czech 94% • ‎German 100% • ‎English 100% • ‎Canadian English 5% • ‎British English 54% • ‎Google Translate English 100% • ‎Spanish 100% • ‎French 99% • ‎Indonesian 100% • ‎Italian 94% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Polish 93% • ‎Portuguese 100% • ‎Brazilian Portuguese 96% • ‎Russian 100% • ‎Swedish 95% • ‎Thai 100% • ‎Ukrainian 100% • ‎Vietnamese 100% • ‎Tiếng Việt (THVNFB translation) 93% • ‎Simplified Chinese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg e05.msg.jdiff


Good Ending No. 05 (Sakuya A)

#0@0  紅魔館。

#0@1  湖の畔にある吸血鬼が棲む洋館である。

Sakuya 

#0@2「……この妖剣は一寸法師の物だったのねぇ」

#0@3 

#0@3  妖剣が妖しい光を放つ。

#0@4 

Sakuya 

#0@4「いけないいけない。何か良からぬ心が湧いてくるわ」

Sakuya 

#0@5「……。

  

#0@6何か試しに斬る物は無いかしら?

  

#0@7妖精とか丁度良いわね」

Remilia 

#0@8「あらあら何をしているの?」

Sakuya 

#0@9「ちょっとこの妖剣が血を欲しているので 試し切りしようかと……」

Remilia 

#0@10「へー」

Remilia 

#0@11「そういえば、湖で暴れてた奴はどうなったの?」

Sakuya 

#0@12「それでしたらとっくに退治しました。

  

#0@13 それ以外の敵も全て」

Remilia 

#0@14「ふーん、そうなんだ」

Sakuya 

#0@15「どうですか?

  

#0@16 ちょっとこの妖剣の切れ味を試されてみませんか?」

Remilia 

#0@17「面白いの?」

Sakuya 

#0@18「ええ多分。この剣が喜びます」

Remilia 

#0@19「あらあら、咲夜が逞しくなっちゃって……。嬉しいわ」

#0@20  勝手に斬りかかる妖剣は、元々一寸法師の持ち物だった。

#0@21  咲夜はそれを返す事はせず、再び持ち帰った。

#0@22  咲夜はこの剣が妖しい魔力を放っていることは判っていたが、   それでも手放せなかったのである。

#0@23  暫くは妖剣の思うがままに妖怪を斬り付けるだろう。

#0@24  しかしその乱暴な姿は、紅魔館の主人には気に入られたようだ。

#0@25 

#0@25  Ending No.05  丁寧で瀟洒な狂気

#0@26      オールクリアおめでとう! クールだね!



Gnome-colors-gtk-edit.svg e06.msg.jdiff


Good Ending No. 06 (Sakuya B)

#0@0  博麗神社。

#0@1  幻想郷の東の境に位置する神社である。

Sakuya 

#0@2「……ですって」

Reimu 

#0@3「道具が力を持って下克上に荷担する……」

Marisa 

#0@4「な、なるほどな。そうだったのか」

Sakuya 

#0@5「あら、何か思い当たる節でも?」

Reimu 

#0@6「な、なんでも無いよ」

Marisa 

#0@6「な、なんでも無いぜ」

Sakuya 

#0@7「巻き込まれないように気を付けた方が良いかも知れないわ。

  

#0@8相手は打ち出の小槌を持っているから」

Reimu 

#0@9「打ち出の小槌……」

Marisa 

#0@9「打ち出の小槌だと?」

Sakuya 

#0@10「ちらっと見ただけで禍々しいマジックアイテムだと 判る代物でしたわ」

Marisa 

#0@11「打ち出の小槌と言えば、鬼の道具の一つだ。

  

#0@12そんな物を使えば何が起こるか判らんな」

Sakuya 

#0@13「そんなわけで警戒を」

Reimu 

#0@14「ちょっと待って、そんな事を何故私達に?」

Sakuya 

#0@15「それは……。

  

#0@16あなた方がレジスタンス側に付かないようにです。

  

#0@17道具の魔力に冒されて」

Reimu 

#0@18「そ、そんなことある訳無いわ」

Marisa 

#0@19「ま、まあな」

#0@20  咲夜がレジスタンスと聞いて真っ先に頭に浮かんだのは、   霊夢と魔理沙だった。

#0@21  彼女らが寝返れば自分の地位も危ういと思った。

#0@22  だから二人の様子を見に来たのだ。

#0@23  幻想郷は強者の論理で秩序が保たれている。

#0@24  弱者は虐げられるだけだ。だが、その中に人間は含まれていない。

#0@25  人間の所在次第ではどうなるのか……。

#0@26  Ending No.06  その前に打ち出の小槌の魔力が尽きるけどね

#0@27      オールクリアおめでとう! クールだね!



Gnome-colors-gtk-edit.svg e11.msg.jdiff


Bad Ending No. 11 (Sakuya A)

#0@0  紅魔館。

#0@1  咲夜の心は揺れ動いていた。

Sakuya 

#0@2「うーん。もっと斬ってみたいですねぇ。

  

#0@3 打ち出の小槌の力ならそれが叶う……と?」

#0@4  すっかり妖剣の魔力に冒されていた。

#0@5  今の主人を捨て、一寸法師に鞍替えする日も近いか!?

#0@6 

#0@6  Ending No.11  目を覚ませメイド長!

#0@7  ノーコンティニューでクリアを目指せ!



Gnome-colors-gtk-edit.svg e12.msg.jdiff


Bad Ending No. 12 (Sakuya B)

#0@0  紅魔館。

#0@1  咲夜の心は打ち砕かれていた。

Sakuya 

#0@2「打ち出の小槌の力は想像以上だったわ。

  

#0@3 早くお嬢様に伝えるべきなのか……それとも……」

#0@4  咲夜は万が一のことを考えて伝えるのを辞めた。

#0@5  何しろ、打ち出の小槌はどんな願いでも叶えるのだから……

#0@6 

#0@6  Ending No.12  たまには他人のプレイでも見て……

#0@7  ノーコンティニューでクリアを目指せ!

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]