Th175/Marisa's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎DeepL English 72% • ‎Spanish 100% • ‎French 94% • ‎Indonesian 100% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Brazilian Portuguese 81% • ‎Russian 83% • ‎Swedish 100% • ‎Vietnamese 94% • ‎Simplified Chinese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/event/script/ending/marisa.pl.jdiff


 

博麗神社。

 

幻想郷の由緒正しき神社である。

 

幻想郷の中でも高い処に存在するからか、 黒い水噴出の被害には遭っていない。

 

霊夢 「──地の底に黒い水の海?」

 

魔理沙「黒い水は石油って言うらしいぜ。石油の海だ。     そこから湧いてきているのは間違いないと思うぜ」

 

霊夢 「しかし、一朝一夕で出来たわけじゃないんでしょ?     何故今になって急に湧いてきたのかな」     

 

魔理沙「……」

 

霊夢 「石油の海には他に怪しいものはなかったの?」

 

魔理沙「そ、そうだなぁ。             

    暗闇にただ黒い水が湛えていただけだったな。

    な、なんで湧いてきているのかな」     

 

霊夢 「自然現象なら、取り敢えず地上で     対処するしかないのかなぁ」 

 

魔理沙「いや、もう一度行ってみようかなぁ」

 

霊夢 「?」

 

魔理沙は饕餮と対峙した事を言えなかった。

 

戦いに勝ちきれず、気が付いたら地上まで 吹き飛ばされていたことが恥ずかしかったからだ。

 

何より、地の底の底の暗闇の中で一人笑っていた不気味な獣の記憶が、 語ることを本能的に忌避していた。

 

心の奥底で、他の誰かが解決してくれることを 望んでいたのかも知れない。

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]