Th155/Yukari's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎Google Translate English 99% • ‎English (official translation) 100% • ‎Spanish 100% • ‎French 100% • ‎Indonesian 6% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Thai 100% • ‎Vietnamese 100% • ‎Simplified Chinese 91%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/event/script/yukari/ed.pl.jdiff


 

──博麗神社。\.

幻想郷の東にある、人里離れた神社である。\.

いつものように参拝客の姿は無かった。

 

魔理沙「どうした?

    何だか元気がないな」\. 霊夢 「もう、参拝客も来ないし、

    さっぱり儲からなくてねぇ」

 

魔理沙「そんなの今に始まった話でもないがな」\.

霊夢 「異変解決したって、

    お金にならないし……」

 

魔理沙「そういえば完全憑依異変は

    解決したのか?」\.

霊夢 「んー、まあね」

 

魔理沙「凄いじゃないか。\.

    どうやってあの最凶最悪の二人を

    やっつけたんだ?」

 

霊夢は経緯を説明した。\.

夢の世界に干渉し、 貧乏神をマスターにする事によって、

貧乏神の強制憑依を防いだと伝えた。

 

魔理沙「マスターとスレイブの境界を弄った、

    だと?\.     そんなこと出来る奴は、紫くらいしか

    いないな、と言うことは組んだのか」

 

霊夢 「悔しいけど、紫がいなければ

    あの二人には勝てなかったわね」\. 魔理沙「まあ結果勝てたなら良かったじゃないか、\.

    で、その肝心な二人は今はどうしてる?」

 

霊夢 「それはね……」

 

──命蓮寺。\.

聖白蓮が開いたお寺。\.

人間、妖怪問わず慕われている。

 

白蓮「こら、まだ汚いわ」\.

女苑「なんで私が掃除なんか

   しなきゃいけないのよー」

 

白蓮「掃除くらい出来なくてどうするのですか。\.

   日常生活が全て修業なのです。\. 女苑「くそー。\.

   しみったれてるなー」

 

女苑「こんな質素なお寺なんかにいたら、\.

   私の富を奪う能力が全く役に立たないわ」\. 白蓮「庭掃除を終わらせたら、水くみ、坐禅に

   炊事よ。油を売っている暇は無いわ」

 

女苑「さっさと終わらせて逃げなきゃ」\.

白蓮「寺から逃げられると思ったら大間違いよ。\.    貴方にはみっちり質素な生活の

   大切さを叩き込みます!」

 

…………

 

魔理沙「──なる程、あの派手な浪費ヤローは、

    お寺で根性叩き直しか。\.

    そりゃあ効くかもなぁ」

 

霊夢 「本当は監禁か追放したかったんだけどね。\.

    でも、疫病神の方は更生出来るって、\.     白蓮が言ってたから、本意では無いけど

    お任せすることにした」

 

魔理沙「疫病神は、って事は、\.     もう一人の貧乏神 (あいつ) はどうなったんだ?」

 

霊夢 「貧乏神はねぇ……。\.

    自分に富を集めて浪費する疫病神よりも、\.

    厄介なのはこいつの方でね」

 

魔理沙「財運を不運に変えてしまうという、

    絶望的に救いようのない能力だからな」\. 霊夢 「それだけじゃなくてどうやら、

    不運は体の中に溜め込み続けるみたいで」

 

霊夢 「時折爆発的に不運を発散するみたい。\.

    戦闘中にその発作が起こってさー、\.     そのオーラの量は半端じゃなかったわ」\.

魔理沙「うわぁ。近寄りたくないなー」

 

霊夢 「それで誰も引受先がなくてねぇ。\.

    ……だからどうしようもなかったのよ」\. 魔理沙「そうか、まあそれも仕方が無いな……。\.

    災難だったな」

 

紫苑 「掃除終わりましたー。\.

    次は何をすればいいですか?」\. 霊夢 「もう終わったの?\.

    じゃあ、次は水汲みをお願いしようかな」

 

魔理沙「え!? なんでお前、ここに居るんだ?」\.

霊夢 「誰も引受先がなかったので、\.     うちで監視する事になったのよ。\.

    ちゃんと仕事してくれるし助かってるわ」

 

紫苑 「神社は居心地が良いわねぇ。\.

    貧乏になっても楽しく生きてるしー」\. 霊夢 「もとより失う富もないからね、

    ってやかましいわ!」

 

魔理沙「なんだ、てっきり消滅か追放したのか

    と思ったよ」\. 霊夢 「簡単に消滅させられるのなら

    何にも悩まないけどねぇ」

 

霊夢 「結局、私が貧乏くじを引くはめに

    なっちゃった」\.

紫苑 「貧乏神 (わたし) だけにね、ってやかましいわ」

 

ライブ会場で観客から富を巻き上げていた 疫病神と貧乏神という最凶最悪の二人。

 

紫と霊夢の作戦で完全敗北した結果、\.

疫病神はお寺で、\. 貧乏神は神社で更生する事となり、\.

最凶最悪の二人の脅威は去った。

 

魔理沙「しかしなんだ、\.

    黒幕を懐柔したし、\.

    完全憑依異変はこれで解決だな!」

 

霊夢 「そうなら良いんだけどねぇ」\. 魔理沙「まだ何かあるのか?」

 

霊夢 「疫病神、貧乏神を監視下に

    置いているのには理由があるのよ。\.     二人には異変の後始末をして

    貰わないといけないからね」

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]