Th145/Summary

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 53% • ‎English 50% • ‎British English 25% • ‎Google Translate English 53% • ‎Spanish 47% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Norwegian Bokmål 3% • ‎Brazilian Portuguese 50% • ‎Thai 100% • ‎Vietnamese 50%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/system/char_select3/story/summary.txt.jdiff


Reimu's intro

ID Text
1

 幻想郷に様々な都市伝説が広まっていた。それら

の多くが意図的に作られたつくり話であった。  自分にとって都合の良い都市伝説を、自らの力に 変える手段が確立しつつあった。  それはともかく、彼女はとある用事で魔理沙の元

を訪ねた。

Marisa's scenario

ID Text
2

 霊夢と闘った際に、自らの身体から出たオカルト

ボール。そのオカルトボールを七つ集めると何かが 起こるというの噂が広まっていた。  早速オカルトボールを集めに出かけた彼女には、 どういう奴がボールを持っているのかがなんとなく

判っていた。

Kasen's scenario

ID Text
11

 オカルトボールを調べた結果、恐ろしい事実が発

覚した。これを下手な奴が七つ集めてしまうと取り 返しが付かない事が起こるかも知れない。

 誰よりも早く、七つ集めてしまいたい。

 集めたのが自分なら対処のしようがあるだろう。

Ichirin's scenario

ID Text
3

 ボールは都市伝説を使った闘いの中で発生し、勝

者が全て手にする事が出来る。そんな噂が広まって から幻想郷はボールを奪い合う者達で殺伐とした。  そんなときあらぬ噂が彼女の耳に届いた。  オカルトボールを七つ集めると覚りが開ける、と

いう噂だった

Byakuren's scenario

ID Text
4

 オカルトボールは無為の好奇と深秘で出来ていた。

 彼女はそれに恐怖し、ボールを奪い合う幻想郷は 悪夢でしか無いと判断した。

 今まさに、全てを集めようとしている者がいる。

 彼女にはその者が信用できなかった。

Futo's scenario

ID Text
5

 ボール争いには都市伝説を使う事が必須だった。

 最近の出来事に疎い彼女が自分にぴったりの都市 伝説、お菊さんを見つけて歓喜していた。

 しかしお菊さんの呪いは思いの外強かった。

 次第に彼女は十枚目のお皿を求めるようになった。

Miko's scenario

ID Text
6

 聡明な彼女はオカルトボールの秘密を曝いた。

 これを仕掛けた者が誰で、目的が何なのかは判ら ないが、対処には緊急を要するだろう。  ボールを集めるのは七つだけではいけない。

 全て手中に収めなる為に彼女は闘う。

Mamizou's scenario

ID Text
9

 華扇の動きを見ていたマミゾウ。

 このボールが何で出来ているのかを把握した彼女 は、華扇達の企みには穴がある事に気付く。

 汚れ役は自分が適任だと思い、ボールを集める事

にした。

Mokou's scenario

ID Text
12

 何故か自分の元にオカルトボールを奪いに来る輩

が集まるようになった。

 ボールには色々な種類がある事に気が付く。  その中でも一際気になるボールを発見した。それ

は黄泉比良坂のボールであった。

Shinmyoumaru's scenario

ID Text
13

 オカルトボールを全て集めると大きくなる!

 なんて風に噂を都合良く解釈しちゃった針妙丸。

 満を持してボール集めに出発だー!

 果たして小さい彼女を待ち受けているのは一体?

Nitori's scenario

ID Text
7

 オカルトボールは金になる。

 ボールのやりとりには都市伝説が必要だ。  だが河童は都市伝説を信じない。

 その結果、河童達は工夫した。

 ある都市伝説に似せたマシンを作ったのだ。

Koishi's scenario

ID Text
8

 ボールも何も大して興味は無いが、自分が選んだ

都市伝説が、果たしてみんなに通用するのか。  それだけが彼女の興味だった。

 「今、貴方の後ろに居るの」

 彼女はこの台詞を言いたくて旅にでる。

Kokoro's scenario

ID Text
10

 「アタシ、キレイ?」

 彼女は口裂け女に成りきろうとした。

 心底成りきろうとした結果、彼女の中の口裂け女 が独り立ちし始める。それが新しいオカルトボール

を生んでいた事に誰も気が付いて居なかった。

Sumireko's scenario

ID Text
14

 化け狸から幻想郷のパワーストーンを受け取った

彼女は、ついに幻想郷に正式に潜入する。  平和ぼけした現代人の眼に、幻想郷の姿はどう映 るのだろうか。夜に廃墟や旧道のトンネルを訪ねる 様な、そんな怖い物見たさな気分なのだろう。

 しかしそのパワーストーンは化け狸の罠なのだ。

Reimu's scenario

ID Text
15

 重大な事に気が付いてしまった。

 オカルトボールには最後の秘密が残されている。  このまま菫子を放置するのは危険である。  彼女の勘がそう言っていた。

 場合によっては彼女ごと葬り去るしかない。