Th175/Reimu's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎DeepL English 84% • ‎Spanish 100% • ‎French 89% • ‎Indonesian 100% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Brazilian Portuguese 32% • ‎Swedish 100% • ‎Vietnamese 95% • ‎Simplified Chinese 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg data/event/script/ending/reimu.pl.jdiff


 

石油の海。地底の底の底。 これより深淵にはもう生命の姿はないだろう。

 

旧地獄の深奥に、石油の海を湛えていた。

 

謎の液体、石油が持つ呪いの声だろうか。 何処からか不気味なうなり声が聞こえる気がする。

 

饕餮「石油は不慣れのようだな」

 

霊夢「いやもう、臭くて臭くて……、なんであんたは平気なのよ」

 

饕餮「この匂いが人間を強欲にし、世界を焼き尽くす。    慣れてくると最高だぞ」           

 

霊夢「地上を石油で満たして、世界を焼き尽くす……。    それがお前の狙いね! そんな事させない!」 

 

饕餮「ん? 地上を石油で満たす?                 何言ってるんだお前。誰がそんな勿体ない事するもんか」

 

饕餮「ここの石油は全て私のもんだ。         一滴たりとも他の奴にくれてやるもんか」

 

霊夢「え?」

 

霊夢「あーれー」

 

饕餮「ふん、人間はそのまま地上へ帰れ。    ここの石油は我々剛欲同盟の物だ」

 

饕餮「だが、……ここの存在が地上の人間に知れているのは何故だ?    こんな深い地下のことを知るすべなど無い筈」      

 

饕餮「もしかして石油が漏れ出ているのか?            クックック……勿体ない、一滴も漏らしてなるものか」

 

霊夢が、黒い濁流と獄炎の上昇気流に乗って追い出された先は、 地上の間欠泉センターだった。

 

饕餮と対峙した後、少しだけ石油の噴出は少なくなった。

 

一応、警告になったのかなぁ、と霊夢は思ったが、 それは大きな勘違いだったのである。

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]