Th105/Sakuya's Scenario

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 100% • ‎English 100% • ‎Spanish 1% • ‎French 100% • ‎Indonesian 1% • ‎Japanese 100% • ‎Korean 100% • ‎Russian 100% • ‎Swedish 100% • ‎Thai 100%

Stage 1

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/000.cv0.jdiff


Sakuya

これは一体……

Sakuya

私の体から何かが抜けていく様に

Marisa

おーいどうした? 料理に使う雨水でも取りに来たのか?

Sakuya

雨なんて降っていないでしょうに

Marisa

ん? 雨なら降ってるぜ?

Sakuya

あら……雨が降ってきたわ

Marisa

そうなんだよ、最近雨続きで困るよな@ 本を持ち帰ると湿気るし

Sakuya

勝手に持っていかないの

Sakuya

ま、最近天気が悪いのは確かだけど それより何か感じない?

Marisa

ああ? 全く感じないな

Sakuya

ほら、貴方の体からも……

Marisa

とにかく、私はお前には用がないぜ!

<lose>

Marisa

さ、今日も図書館で本でも借りていくぜ

<win>

Sakuya

私も貴方には用はないわ

Marisa

じゃあ戦うなよ

Sakuya

貴方が先に手を出してきたんでしょ?

Sakuya

雨も止んできたし、 ちょっと家を留守にしようかしら

Stage 2

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/001.cv0.jdiff


Sakuya

体から吸い取られるように出ている気……

Sakuya

体から出る気といえば幽霊よね

Youmu

どうしたのです? 険しい顔して

Sakuya

いや、またなんか不思議な現象が起きて……

Sakuya

貴方の体からも出てるわよ

Youmu

へ? な、何の話?

Sakuya

幽霊の様な何かが体から

Youmu

幽霊? それならまあ出てるとは思いますが

Sakuya

怪しいといえば怪しい ここを通して貰うわよ

Youmu

何だか判らないけど通すつもりは無いです

<lose>

Youmu

最近、私の周りだけ暑くて敵わないわ

Youmu

屋敷は屋敷で変な事になっているし

<win>

Sakuya

さあお屋敷まで通して

Youmu

しょうがないですね

Youmu

でも今、屋敷は変な事になっているのです

Sakuya

変な事……?@ それはますます行かないとね

Yuyuko

変な事って何? 妖夢

Youmu

わわ、幽々子さま

Sakuya

……え?

Sakuya

雪? 今は夏だというのに……

Yuyuko

私の周りに変な事なんて何一つ無いわ

Yuyuko

さあ、私の屋敷に来たいのならどうぞどうぞ

Sakuya

いや、随分と変な事になっている気がする……

Stage 3

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/002.cv0.jdiff


Sakuya

しかもこんなに積もっている……

Sakuya

何処が変な事が何一つもないのかと

Yuyuko

雪が降れば積もるのは当然です

Yuyuko

さあ、貴方はこの冥界で避暑する事が出来ます

Sakuya

私の知らないところで雪が降ってるなんて…… 体から出る霧なんて大した異変でも無かったのかな

Sakuya

ここまでおかしな事を堂々としていると、 貴方は何にも企んでいない気もする

Yuyuko

そんな事ありませんよ

Sakuya

むむむ@ 一応問い詰めるだけ問い詰めておきましょう

<lose>

Yuyuko

雪が降った処で夏である事には何にも 変わりありません

Yuyuko

貴方は自分のお屋敷に戻って、 念の為改築でもした方が良いかもね

<win>

Yuyuko

あー涼しい夏だわ

Sakuya

というか寒いくらいよ

Sakuya

ところで訊きたいんだけど……@ 貴方の体からも緋色の霧が立ち上っているわね

Sakuya

それは何かしら?

Yuyuko

そんな話? その話はもう解決したから良いの

Sakuya

はい?

Yuyuko

貴方も知りたければ霧の行方を追えば いいかもね

Sakuya

うーん…… やっぱりあそこね

Sakuya

山は気が進まないですわ

Stage 4

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/003.cv0.jdiff


Sakuya

これだけ曇っていれば快適ね

Sakuya

紫外線も強くないし、水分も奪われにくいし……

Sakuya

まさに登山日和ね……

Sakuya

……

Sakuya

……山の天気は変わりやすい

Aya

こらこら、「いつまで経っても入山禁止」 の立て札が見えなかったの?

Sakuya

見てなかった そんなファニーな立て札

Aya

さっさと帰れ@ 山は私達の物だから

Sakuya

これだけ天気が悪いと帰りたくなるけど……@ ちょっと野暮用があって行きたい処があるの

Aya

しょうがないわね@ 何処に行きたいの?

Sakuya

Aya

ここが山

Sakuya

山の……上?

Aya

ここが山の五合目

Sakuya

いや、もっと上ね。 山の上の上

Aya

何だか判らないけど、貴方は ここを通しては行けない気がする

Aya

徘徊するのなら麓をうろつきなさい!

<lose>

Aya

さあ帰ってください

Aya

帰って面白い事件でも起こしてね

<win>

Sakuya

風が止んだわ@ 今が山を登るチャンスね

Aya

どうしたのですか? 何か変ですよ?

Sakuya

さっき、冥界で変な光景を見ちゃったからねぇ@ 変なのが伝染ったかな?

Sakuya

真夏の雪……

Aya

え? 変な光景ですか?@

Aya

冥界ですね? 行きます行きます!

Sakuya

行ってらっしゃい 私はもっと上を目指しますから

Sakuya

天気も回復したし、天狗は追っ払ったし@ 今は時が私を味方しているわ!

Stage 5

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/004.cv0.jdiff


Sakuya

あの亡霊の言う事を真に受けていたら ついに雲の中まで来てしまったわ

Sakuya

ここまで来て何にもなかったら どうしてくれましょう

Iku

おや? 天狗ではない

Iku

河童でもない 幽霊でもない

Iku

人間だなんて……@

Iku

山の上まで人間が来るなんて珍しいですわ

Sakuya

まあねぇ 私だって来たくはなかったわ

Iku

これより上は山では無くなり、天界が存在します

Sakuya

天界?

Iku

本来普通の人間が立ち入ってはならない場所です

Iku

天女も気付いていない今のうちに 戻った方が良いですよ

Sakuya

山の上にそんな場所があったなんて……

Sakuya

行き先のない登山を始めて、初めての収穫ですわ

Iku

戻る気は無いのですか?

Sakuya

そうね、残念ながら今の私は行け行けモードなの@

Sakuya

って、貴方は誰?

Iku

……私はただ忠告をするだけの龍宮の使い@ 永江 (ながえ) 衣玖 (いく) です

Sakuya

番人か何かかしら? 天界の

Iku

私達、龍宮の使いは天界とは特に関係はありません@ ただある事を警告する為だけに雷雲を泳ぐのです

Iku

ですが、私は老婆心で言った忠告を無視される事が ちょいと嫌いでしてね……

Sakuya

そう、でも今の私は

Sakuya

押せ押せモードだから

Iku

龍宮の使いの忠告は 近い未来の悲劇を回避する一つの妙計

Iku

残念ながら 貴方は優秀な選択肢を一つ失いました

<lose>

Iku

大人しく戻って準備した方が良いですよ

Iku

残念ながら、幻想郷はもうすぐ壊滅的な 大地震に見舞われるのですから

<win>

Sakuya

さあ、いざ天界へ行こう

Iku

天界に住む者は地上の生き物に対して 甘くありません

Iku

生き物とすら思っていないのかも知れません

Sakuya

むむむ ちょっとだけ心して掛かりましょう

Iku

ところで、何故天界に?

Sakuya

そういえば、最初は体から出る緋色の霧を追っていた だけだったような……

Sakuya

いつの間にか天界まで行く羽目に なってしまいましたね

Sakuya

では、時が味方しているうちに失礼

Iku

……緋色の霧? 体から出る?

Iku

緋色の雲もその所為?@ という事はこれから起こるであろう地震は……

Iku

むむむ、もしかして全てあのお方のお戯れなの?

Stage 6

Gnome-colors-gtk-edit.svg data/scenario/sakuya/005.cv0.jdiff


Sakuya

ここが天界……?

Sakuya

天気が悪くなる事のない雲上の地@ 何という贅沢な世界でしょう

Sakuya

地上の災禍から逃れ……

Sakuya

え!? 地震? 天界で?

Tenshi

地震を起こす大ナマズは 元々、天人が使役できる神であった

Tenshi

天は大地を制す為に宙に浮いた

Tenshi

何故なら

Tenshi

天は大きな要石だから

Sakuya

か、要石?

Tenshi

そう、要石が宙に浮いているから地震は止まない

Tenshi

大地は生き続け、地上は豊かになるのです

Sakuya

地震は起こらないに越した事はないと思うけど

Tenshi

貴方は何をしに天界 (ここ) までやってきたのですか?

Sakuya

えーっと

Sakuya

そ、そう。真夏の雪? いや、緋色の霧@ そうだわ。緋色の霧に興味があってそのまま……

Tenshi

それではるばる天界まで?

Sakuya

そうです。@ 今のところ手がかりも何も見つかっていないのですが

Tenshi

うーん それでは満点はあげられないわ

Sakuya

え?

Tenshi

まず、緋色の霧は私の剣で吸い上げた物よ

Tenshi

でも、私の目的がまだ見破られていないじゃない@ それでは貴方に価値はない

Sakuya

一体何を言って……

Tenshi

私は地上の誰か (.....) に私の異変を見破られて (.....) @ それから天界まで昇ってくる事を期待していたの

Tenshi

なのに貴方と来たら

Tenshi

ピクニック気分で私のもとまで来たって言うの?

Sakuya

何だか知りませんけど……

Sakuya

もの凄く腹が立ってきましたよ

Tenshi

貴方が腹を立てても、どうせ私の異変を解決する事 なんて出来やしないんでしょ?

Tenshi

さっさと帰って異変解決の専門家を呼んで来たら?

Sakuya

あんた程腹立たしい奴も久しぶりね

Sakuya

でも、貴方は一つ残念な間違いを犯している

Sakuya

私はただの山登りではなく、 異変解決を兼業としている幻想郷一のメイドなのよ!

Tenshi

はっ! 体から立ち上る緋色の霧に気付いたのは見事だわ

Tenshi

しかし緋色の雲が何を呼ぶのか気が付いていなかった

Tenshi

緋色の雲が呼ぶ物がなんだったのか……@ マグニチュード最大でその身に刻み込め!