Th07/Sakuya's Endings

From Touhou Patch Center
Jump to: navigation, search
Other languages:German 3% • ‎English 3% • ‎Japanese 100% • ‎Brazilian Portuguese 100% • ‎Swedish 100%
Gnome-colors-gtk-edit.svg end20.end.jdiff


Good Ending No. 8 (Sakuya-A)

8  ここは幻想郷にひっそりとかまえる洋館、紅魔館

  自然は、春になると一斉に騒がしくなるものである

  ここ、紅魔館も例にたがわず・・・

14 咲夜 「お嬢様      こんな晴れた日は、家の中で大人しくしましょうよ」

18レミリア「えー、せっかくこんなに桜が咲いてるのに」

21 咲夜 「今日はそんなお嬢様の為に

24     ちょっと変った趣向を用意してますわ」

27レミリア「なに?」

31 咲夜 「箱庭霊界~」

34レミリア「すごーい」

37 咲夜 「ちなみに、霊は本物を取り寄せたわ」

40レミリア「桜の花びらも?」

43 咲夜 「桜は模型、でも霊界の粘土で」

46レミリア「咲夜は器用ね」

49 咲夜 「私は材料を集めただけ

51     箱庭にしたのはパチュリー様よ

53     私は食材にするつもりだったんだけど」

56レミリア「ふーん、パチェは器用だな」

60パチュリー「でねレミィ、      この桜の根の下には、ほらちゃんと」

64レミリア「わぁ、いきなり」

67パチュリー「他にも、

     この地縛霊も本当にここから動けないし、

     さらにこの霊は十分の一スケールの怨霊なの」

72レミリア「さすがはパチェね、芸が細かいわ」

75レミリア「でも、なんで桜と霊界?」

78 咲夜 「たまたま、巷では死人ブームだっただけですわ」

81レミリア「とにかく、小さな花見も風情があるわ

83     あとは幽霊の生き血でもあれば最高ね」

86 咲夜 「幽霊の生き血・・・

88     探しておきますわ」

91  結局、西行妖は開花はしたが、満開に到る事は無かった。   封印も解けることは無く、いつも通りの春を迎えたのだ。

95  冥界の境界が薄れると、死と生の境も曖昧なものとなった

  エントロピーの増加を早めてるだけかもしれない

  

99  ENDING No.8

Gnome-colors-gtk-edit.svg end21.end.jdiff


Good Ending No. 9 (Sakuya-B)

8  ここは博麗神社、幻想郷の境にある神社である

  結局、西行妖は開花はしたが、満開に到る事は無かった。

  封印も解けることは無く、いつも通りの春を迎えたのだ。

12  咲夜はお嬢様の我侭を聞き入れ、花見に出かけることにした。   ここの神社が、幻想郷で一番気楽に花見できる場所だった。

17 咲夜 「お嬢様、もうそろそろですよ」

20レミリア「遅れた分もあってか、今年の桜は凄いわね」

23 咲夜 「私はちょっと先に、花見をしてしまいましたわ」

26レミリア「咲夜は目が良いのね」

29 咲夜 「いや、そういう意味じゃなくて」

33 幽々子「あれ、あなたも花見?」

36 咲夜 「なんで、あなたがここに居るのかしら」

39レミリア「誰?」

42 咲夜 「死体と半死体」

45 妖夢 「亡霊だって」

48 幽々子「ここの桜が一番普通に咲いてるし、

50     花見しないでどうするのよ」

53 咲夜 「いや、私達も花見に来たんだけどね」

56 咲夜 「ところで、自分のところの桜はどうしたのよ」

59 幽々子「結局、西行妖は満開にはならなかったけど、

61     もうどうでも良くて」

64 幽々子「今はもっぱら妖夢苛め」

67レミリア「あら、それは楽しそう」

71 霊夢 「というか、あんたら勝手に      人の庭に入り込んで騒がない!」

75 咲夜 「酷いですわ」

78 妖夢 「酷いです」

81 霊夢 「無視するなんて、酷い」

84 幽々子「ちなみに、そこの木の下に立たない方が      いいわよ」

88 霊夢 「なにが?」

91 幽々子「私が見るに、50年ものが埋まってるわ」

94 妖夢 「熟成中」

97 霊夢 「わぁ、もう・・・」

100 咲夜 「とにかく、お酒と甘い物を持ってきましたわ」

103 霊夢 「まぁいいか      咲夜が片付けるなら」

107 咲夜 「あら、そんなこと一言も発してません

109     それにそこに適任が居ます」

112 幽々子「居るわね」

115 妖夢 「・・・はぁ」

118  その時霊夢の横の桜は、少しだけ赤みを増したように見えた

  恐らく、太陽の角度が鋭角に近づいたためだろう

  

122  ENDING No.9

Gnome-colors-gtk-edit.svg end20b.end.jdiff


Bad Ending No. 3 (Sakuya)

8    紅魔館にて

11    結局、西行妖は満開までは咲くことは無く、     咲夜は、ひとまず着替えを取りに紅魔館に引き返すことにした

15   咲夜 「お変わりありませんか?お嬢様」

17  レミリア「だーかーらー        お変わりなきゃダメでしょ?」

21   咲夜 「着替えを取りに着ただけですわ」

24    ひとまず、雪と幽気にさらされた服を着替えると、     再び出発の準備を行うのだった

27    BAD ENDING No.3     ノーコンティニュークリアを目指そう!

[[Category:MediaWiki:Cat endings/ja]]